ホーム » 活動事業内容 » 講演会

講演会

第37回志学会講演会

【講演タイトル】
『明日晴れるかな 〜地球環境と予測可能性、リスク、希望〜』

【講師】
中村昇氏(シカゴ大学地球物理学科教授、米国気象学会公認気象コンサルタント)

【要旨】
新型コロナウイルス、戦争、円安と、世界的に将来の予測が立てにくい情況が続いています。そもそも、私たちの住んでいる地球環境とは、どのくらい予測可能なのでしょうか。講演では、演者の専門分野である大気科学を例にとって、気候変動や異常気象を予測する手段、予測の精度とリスクの評価、「予測」と「現象理解」の関係などについてお話したいと思います。最新のモデルがはじき出す世界気候の将来像は決して明るいものではありませんが、高リスク予想、あるいは全く予測の立たない状況に直面したときに、キリスト者としてどこに希望を置き、行動の根拠を見出していくのかについても考えてみたいと思います。

【講師紹介】
1984年 東京大学理学部卒業 地球物理学専攻
1989年 プリンストン大学博士課程終了(Ph.D.)  大気海洋科学専攻
1992年 シカゴ大学着任
1989年に米国でキリストを受け入れる。家族は妻と娘3人、息子ひとり。(犬一匹)
The Episcopal Church of St. John the Evangelist 所属

【日時】
日本時間
2021年5月14日(土)
10:00~12:00(9:50よりログイン出来ます)

米国中西部夏時間
2021年5月13日(金)
8:00 pm ~9:00 pm

【講演会チラシ】
以下のURLからチラシのダウンロードが可能です。

 

 

What’s New

[2022-6-29] 志学会リトリートの情報を公開しました。

[2020-8-8] Updated the About-English page.

[2020-5-25] ご支援のお願いの情報を公開しました。

[2017-4-18] 新ウェブサイトを開設しました。