ホーム » 活動事業内容 » 講演会

講演会

第38回志学会講演会

【講演タイトル】
「視ること、聴くこと、考えること 〜芸術と信仰の触れ合い〜」

【講師】
中谷博幸氏(香川大学名誉教授)

【要旨】
芸術には全くの素人が、ある芸術との出会いがきっかけで、一般の方々を対象に大学でキリスト教と芸術に関わる話をしました。その原点は、芸術作品から受けた感動でした。1年のつもりが、その個人的感動を言葉と一定の論理をもって説明することに興味をおぼえ、講座は15年続きました。その間の経験をお話しし、神様を賛美する機会になれば、と思います。キリスト教は古代地中海の神殿文化とユダヤ教を背景に登場します。①キリスト教は何故地中海世界で成立・発展したか、②同じ一神教のキリスト教が、ユダヤ教と異なって、何故造形芸術を発展させたのか、③カトリックからプロテスタントが成立したとき、芸術はどのように変化したか、④芸術と信仰との係わり、について考えます。

【講師紹介】
1981年京都大学大学院文学研究科(西洋史学専攻)単位取得退学
2001年香川大学教育学部教授
2018年香川大学退職 同名誉教授
1971年KGKのキャンプを経て、奈良福音教会で受洗。高松に移ってからは、JECA八栗シオンキリスト教会で信仰生活を送る。現在興戸キリスト教会所属。妻と二人生活。

主な著訳書:『マルティン・ルターとその世界』(美巧社、2016年) 『キリスト教芸術との対話』(未知谷、2019年) B・レック『歴史のアウトサイダー』(山中淑江と共訳、昭和堂、2001年)

【日時】
2022年11月28日(月)
18:00~20:00(17:50よりログイン出来ます)

【形式】
zoomを使用したオンライン会議。
お申込者には後日zoomの招待URLをお送りいたします。

【申込フォーム】
以下のURLからお申し込みください。

【講演会チラシ】
以下のURLからチラシのダウンロードが可能です。

 

 

What’s New

[2022-10-18] 第38回公開講演会の情報を公開しました。

[2020-8-8] Updated the About-English page.

[2020-5-25] ご支援のお願いの情報を公開しました。

[2017-4-18] 新ウェブサイトを開設しました。