ホーム » 活動事業内容 » 講演会

講演会

志学会 第35回関東公開講演会

【講演タイトル】
「科学ですべて解明できるのか」ー科学と信仰をめぐるクリスチャン研究者の視座

【講師】
森島泰則 氏 (国際基督教大学 教養学部アーツ・サイエンス学科 教授)

【要旨】
科学とキリスト教信仰の関係は、科学か信仰かという二項対立で語られることが多くあります。私たちの住む現代社は、高度に発達した科学技術の上に成り立っていると言っても過言ではありません。そのため、あらゆる知識は科学によらなければならない、科学的根拠のないものは確かな知識ではないという考えが、科学の世界だけでなく一般社にも暗黙のうちに広がっています。このような社に対し、私たちはどのように聖書の真理、キリストの福音を語ったらよいでしょうか。本講演では、この度翻訳出版しました、J・レノックス著『科学ですべて解明できるのか』(いのちのことば社)に触れながら、キリスト者として社と対話するヒントをともに考えていけたらと思っています。

【講師紹介】
静岡県出身、現在、東京都青梅市在住。福生ベテル教会。慶應義塾大学文学部卒業。中学校英語教諭を経て渡米。コロラド大学(ボウルダー校)大学院博士課程修了。Ph.D.(心理学)。在米日系企業研究員兼スタンフォード大学客員研究員を経て、2003年より国際基督教大学(ICU)。専門は認知心理学、言語心理学。主な研究テーマは、第二言語処理における認知負荷の思考への影響。著書に『なぜ外国語を身につけるのは難しいのか』(勁草書房)などがある。

【日時】
2021年5月31日(月)
17:30~19:30(17:20よりログイン出来ます)

【形式】
オンライン開催(Zoom使用)

【参加費】
無料

【申し込みリンク】
以下のGoogle Formからお申し込みください。
https://forms.gle/F5qYCLwtkx4u6e1S7

【申し込み締め切り】
2021年5月31日(月)日本時間正午まで

 

 

What’s New

[2021-5-23]
リトリートの情報をアップロードしました。
[2020-8-8]
Updated the About-English page.
[2020-5-25]
ご支援のお願いの情報を公開しました。
[2017-4-18]
新ウェブサイトを開設しました。